巨人・原監督が打線を大幅改造!「2番・坂本」復活 大城は一塁で先発出場

2021年04月08日 17時46分

巨人・原辰徳監督

 巨人・原辰徳監督(62)が貧打解消へ、再び動いた。

 現在、チームは9試合連続で3得点以下と低迷中。8日の阪神戦(甲子園)では、3番に固定してきた坂本を昨年8月23日の広島戦(マツダ)以来となる2番に置き、梶谷、岡本和、大城と続くクリーンアップを形成した。

 また、大城は開幕戦から全試合で先発マスクをかぶってきたが、この日は一塁でスタメン出場する。前日7日は7回から一塁の守備に就いたが、先発出場は昨年8月20日以来だ。〝正捕手〟大城の代わりに、炭谷が今季初めてスタメンマスクをかぶる。

 打線全体が低迷する上、新型コロナの陽性判定を受けた丸やウィーラーら主力勢を欠き、首脳陣は限られた陣容でのやりくりを余儀なくされている。坂本の打順を繰り上げ、捕手陣の中心に置いてきた大城を動かす決断は、浮上のきっかけとなるのか。スタメンは以下の通り。

1番(中)松原

2番(遊)坂本

3番(右)梶谷

4番(三)岡本和

5番(一)大城

6番(左)重信

7番(二)吉川

8番(捕)炭谷

9番(投)高橋

※阪神先発は秋山

関連タグ: