広島が打順変更も…惜敗 佐々岡監督「粘り強く攻めた」

2021年04月07日 22時08分

7回、球審に投手交代を告げる佐々岡監督

 勝利はつかめなかった。広島は7日のヤクルト戦(神宮)に2―3の僅差で敗れた。先発の床田は6回途中を2失点。打線は試合前まで10試合連続安打中だった好調の菊池涼に1番に変更し、田中広を2番に下げるなど打順を大きく変えたが、チャンスをものにすることができなかった。

 3番手のドラ2ルーキーの森浦がプロ初失点し、初黒星を喫した。佐々岡監督は「(打線は)今年は最後まで粘り強くというところで、9回もあそこまで粘り強く攻めた。(それは)今年1年やらないといけないし、できたというところではあるんだけど…」と話した。

関連タグ: