広島・床田 6回途中2失点の粘投も「点を取られていたので…」 

2021年04月07日 21時50分

粘投していたものの6回途中で降板した床田(右)

 勝ち星をもぎ取ることはできなかった。広島の床田寛樹投手(26)が7日のヤクルト戦(神宮)に先発し5回2/3を6安打されながらも2失点の好投を見せた。
 
 三者凡退は2、3回の2イニングだけ。何度も走者を背負った。4回に1失点、6回に1失点。それでも床田は「点を取られていたので粘れてはないかなと思います」と悔しげだった。

関連タグ: