燕・山崎の決勝打で本拠地連敗を4でストップ「何とか1勝できて良かった」

2021年04月07日 21時17分

決勝打の山崎とつば九郎はガッツポーズ

 本拠地連敗を脱出だ。ヤクルトは7日の広島戦(神宮)に3―2で逆転勝ち。投打がかみ合った。先発の高梨が6回途中を2失点の粘投。打線も少ないチャンスを確実にものにした。開幕から続いていた本拠地・神宮での連敗を止めた。

 2―2の7回一死二塁で決勝の右前適時打を放った山崎が今年初のお立ち台に上がった。山崎は「今日、何とか1勝みんなで勝ち取ろうという話をしてたんで、何とか1勝できて良かったと思います」と笑顔で語った。

【関連記事】

関連タグ: