巨人投手陣が阪神打線の餌食に…桜井はサンズに特大2ランを被弾

2021年04月07日 20時49分

サンズに2ランホームランを打たれた巨人・桜井(左)

 巨人が大苦戦を強いられている。7日の阪神戦(甲子園)で投手陣が打ち込まれ、6回までに7点を失った。

 先発の畠世周投手(26)が4回途中4失点(自責3)で降板。5回に打線がどうにか1点を返し、何とか流れを呼び込みたい展開で3番手でマウンドに送り込まれたのは桜井俊貴投手(27)だった。だが、勢いに乗る猛虎打線を止められず、イニングの先頭打者の大山に左前打で出塁を許すと、続くサンズには甘く入った直球をバックスクリーン左まで運ばれた。

 桜井は続く6回にも大山に適時二塁打を浴び、2回を5安打3失点で降板。静まり返る巨人ベンチとは対照的に、敵地・甲子園は歓声が鳴りやまない状態となっている。

関連タグ: