ヤクルト先発・高梨 6回途中2失点で降板「悔いが残ります」

2021年04月07日 20時30分

粘投を見せたヤクルト・高梨

 反省が口をついた。ヤクルトの高梨裕稔投手(29)が7日の広島戦(神宮)に先発し5回2/3を3安打2失点の粘投を見せた。立ち上がりから安定し、4回まで被安打1だった。

 しかし、1―0の5回、先頭・会沢に1号ソロを浴び同点に。1―1の6回にまたも先頭・菊池涼に3号ソロを浴び勝ち越しを許した。二死まで取るも鈴木誠に四球を与えたところで2番手の近藤と交代した。

 高梨は「今日は全体的にまとまっていたとは思いますが、点を取ってもらった後に失点してしまって2本の被本塁打は甘いところにいってしまいました。悔いが残ります」と唇をかんだ。

関連タグ: