鷹の4番・グラシアルが今季1号「集中して打席に入れた」

2021年04月07日 19時30分

先制ソロを放ったソフトバンク・グラシアル

 ソフトバンクの4番を務めるジュリスベル・グラシアル内野手(35)が、7日の日本ハム戦(札幌ドーム)で今季1号の先制弾を放った。

 2回、先頭で相手先発ドラフト1位右腕の伊藤大海投手(23)と対戦。146キロの真っすぐを強振すると、打球は右翼席へ一直線に伸びた。逆方向への目の覚めるような一発に、驚いたような様子で大きく息を吐き出す伊藤の姿が印象的だった。

 頼れるキューバ砲は「勝つために先制点が大事になってくる中で集中して打席に入れた。結果ホームランで先制できてよかった」と、価値ある一発を喜んだ。これで6試合連続安打。鷹に欠かせない男が“号砲”を鳴らし、さらに調子を上げていく。

関連タグ: