ソフトバンク千賀が登録抹消 工藤監督「もう一度見てもらってからリハビリに行く形になる」

2021年04月07日 16時42分

6日の日本ハム戦で捕球直後、左足首を負傷した千賀

 ソフトバンクのエース・千賀滉大投手が7日、登録を抹消された。

 前日6日の日本ハム戦(札幌)で今季初登板。圧巻の投球を見せていたものの、6回一死の場面で投手ライナーをキャッチした際に左足首をひねり、担架で運ばれる形で緊急降板していた。

 札幌市内の病院で検査の結果はねん挫。福岡に戻ってから再度、専門医の診断を受ける予定となっている。

 現状、見通しは不明だが、踏み込み足のねん挫だけに短期での復帰は難しい状況。

 工藤監督は「もう一度見てもらってからリハビリに行く形になると思います。折れてたりしたときに長くかかってしまう。それはなかった。ねん挫という診断だったので。今のところ状態を見ながら上げて行ってもらうことになると思います」と説明した。

関連タグ: