ロッテからトレード加入の巨人・香月が移籍1号の〝がむしゃら〟2ラン

2021年04月06日 20時20分

巨人・香月

 与えられたチャンスを逃さなかった。巨人の香月一也内野手(24)が6日の阪神戦(甲子園)に「7番・一塁」で先発出場し、移籍後1号となる2ランを放った。

 6点ビハインドの5回、無死一塁の場面で打席を迎えると、相手先発・西勇の投じた3球目、129キロのチェンジアップを力強く捉え、打球は中堅方向へ。白球はギリギリのところでスタンドに消え、昨季途中にロッテからトレード加入して以来、移籍後初となる一発となった。

 反撃ののろしを上げた香月は「打ったのはシュートです。がむしゃら。とにかくがむしゃらです。何とか早めに点を取り返したい中で2点返せたのは良かったです。まだまだ頑張ります」。

 チームは4日にコロナ禍に見舞われ、一挙6人の野手を登録抹消したことで、二軍から香月らが急きょ一軍に昇格した。即スタメン起用されたヤクルト戦(東京ドーム)では、2打数1安打、1犠打と勝利に大きく貢献しており、出場2試合連続で存在感を発揮している。

関連タグ: