広島・堂林が適時打「森下の援護になって良かった」

2021年04月06日 20時00分

チーム2点目の適時打を放ち、ガッツポーズの堂林

 コイのプリンスが見せた。広島の堂林翔太内野手(29)が6日のヤクルト戦(神宮)に「8番・一塁」で先発出場。今季は開幕からここまでなかなか調子が上がらなかったが、この日は3回先頭での第1打席でいきなり右前打。

 さらに5回一死での第2打席は一邪飛に倒れたが、1―0の7回一死二塁で中前適時打。貴重な2点目を挙げた堂林は「いいところで1本出て良かったです。(二走の曽根)海成がよく走ってくれて(先発の)森下の援護になって良かったです」と話した。

関連タグ: