阪神〝背広組〟が奮闘!マルテ「ラパンパラグッズ」超高速商品化

2021年04月05日 16時02分

マルテの「ラパンパラ」ポーズフェイスタオル(球団提供)

 阪神は5日、ジェフリー・マルテ内野手のベンチパフォーマンス「ラパンパラ」をモチーフにした新グッズ「ラパンパラ フェイスタオル」の発売を発表した。6日からチームショップアルプス等で販売される。価格は1800円(税込み)。

 マルテは3月28日のヤクルト戦(神宮)で1号ソロを放った際に、ナインたちとチーム総出で〝弓引き〟のポーズを披露。試合後、同パフォーマンスを「ラパンパラ」と命名し、虎党たちからの支持を一気に集めていた。

 マルテ本人による〝新ネタ〟投入から約1週間でのグッズ展開。「雨柳さん」や「ハッピーハンズ」などのヒット商品を近年連発している同球団営業部門の〝機動力〟と風通しの良さが印象的だ。

 チームのユニホーム組と背広組は年々連携を強化。複数のSNSや球団公式ユーチューブチャンネルを駆使し、選手たちの素顔を伝える積極的な情報発信も、多くのファンから好評を博している。新型コロナ禍の中、スアレス、サンズ、マルテら残留助っ人組を手際よくシーズン前に入国させ開幕へ間に合わせたのも、背広組の隠れたファインプレーとみていいだろう。

「保守的」「意思決定に時間がかかる」「決済に必要な〝判子〟の数が多い」等々、ステレオタイプな批判を世間から受けてきた同球団だが、それらはもはや前時代の〝レッテル〟になりつつあるのかもしれない。「まん防」適用による入場者数制限など、営業面では苦境が続くが、チームに関わる全てのスタッフたちの努力と情熱が報われるよう、今秋こそチャンピオンフラッグを聖地・甲子園の空に掲げてほしい。

関連タグ: