ヤクルト逆転負け 高津監督「これで勝とうと思ったのがムシが良すぎたというか…」

2021年04月04日 17時26分

険しい表情でベンチから戦況を見つめる高津監督(左)

 悔しい敗戦となった。ヤクルトは4日の巨人戦(東京ドーム)に1―2で逆転負け。先発の金久保は5回無失点の好投を見せたが、打撃陣が援護できなかった。

 スタートは良かった。2回に先頭・村上が安打で出塁。荒木の打席で盗塁を決め、同じく荒木の送りバントで三塁まで進んだ。一死三塁で太田の適時打で先制した。

 しかし、その後は何度かチャンスをつくったものの、得点には結びつかなかった。高津監督は「やっぱりミスが出るとなかなかそう勝てませんね」と肩を落とした。

 指揮官は「これで勝とうと思ったのがムシが良すぎたというか。やっぱりいろんなところのミスが…点が取れなかったり点を取られたりっていうところがすごく響きました」と話した。

関連タグ: