〝各駅停車戦略〟ピタリ 阪神・青柳が粘りの8回零封

2021年04月03日 17時56分

中日打線を8回途中無失点に抑えた阪神・青柳

 阪神・青柳晃洋投手(27)が、3日の中日戦(京セラドーム)に先発登板し、8回途中を7安打無失点と好投した。援護に恵まれず白星こそつかなかったものの、9回に山本の適時打で1―0のサヨナラ勝利に大きく貢献した。

 戦前に、女房役と練り上げた〝各駅停車戦略〟が見事に奏功した。「梅野さんと話し合ってたんですが、中日(打線)で長打があるのはビシエドぐらい。単打を打たれても、(走者は)一つずつしか進まない。打たれても次、打たれても次、という気持ちで丁寧に投げることができた」(青柳)。

 事実、この日許した7本の安打のうち、長打はビシエドと福留の二塁打2本のみ。本人曰く「本当に調子は良くなかった」そうだが、最後まで集中力を切らすことなく112球を投げ切ったことが、無失点投球とチームの勝利に直結した。

 矢野監督も「本当に申し分がない。成長した姿を見ることができた。意図したアウトの取り方もできている。今年の青柳は本当に楽しみ」と右腕を称賛。〝勝てる投手〟への本格的な脱皮を予感させる、青柳の粘りと知性が光った。

関連タグ: