広島同一カード3連勝ならず…またも“天敵”トラ秋山に苦戦 6回途中までノーヒット

2021年04月01日 22時15分

6回にチーム初安打を放った広島・クロン

 広島がまたしても〝天敵〟にしてやられた。1日の阪神戦(マツダ)は、3―6で惨敗。今季初の同一カード3連勝を逃してしまった。

 打線が阪神先発・秋山に大苦戦。コーナーを丁寧に突く変幻自在の投球に、6回にクロンの安打が飛び出すまで無安打に封じ込められた。

 秋山は昨季0勝4敗と辛酸をなめさせられた相手。それだけにチームとして「全員で意地をみせていきたい。泥くさくてもいいからつないでいくしかない」(朝山打撃コーチ)と今季初対戦での攻略を期していたが、7回に堂林の適時打で2点を返すのがやっとだった。

 先発・中村祐も粘り切れなかった。3回に糸原に3ランを許してリードを広げられると6回には注目のドラ1・佐藤輝にプロ2号となるソロアーチを浴びて6回6失点(自責点5)で降板した。投打にいいところなく敗戦の広島。秋山との再戦が濃厚な2週間後の一戦こそリベンジしたいところだ。

【関連記事】

関連タグ: