母校・東海大相模のセンバツVに発奮 巨人・大城が好守で大奮闘!打率は4割超え

2021年04月01日 22時08分

巨人・大城

 母校の活躍が追い風となった。巨人・大城卓三捕手(28)が1日の中日戦(バンテリン)に「7番・捕手」で先発出場し、攻守にわたる活躍で3―1の勝利に貢献した。

 この日、センバツ優勝を決めた母校・東海大相模に負けじと、先輩も奮起した。打っては2回に左前打、逆転に成功して1点リードで迎えた6回の3打席目では、一死一、三塁の場面から左前適時打で貴重な追加点を奪った。この試合は4打数2安打1打点、これで6試合連続安打とし、打率も4割9厘に上昇。好調ぶりをアピールした格好だ。

 守りでも今季初登板初先発の高橋を好リード。緩急を使い分ける配球で7回1失点と勝利に導いた。まさに〝打って守って〟の働きに、大城は「打つべき球を打ってるかなとは(思う)。タイミングよく。1球目から打ちにいけているので、それがいい結果になってるのかなと思います」と自己分析。

 母校の活躍もやはり大きな力になったようで「母校に刺激を受けながら。優勝できたのはとてもうれしく思いますし、後輩たちに負けないように自分も頑張りたいと思います」と、さらなる発奮を誓った。巨人の正捕手として、攻守でチームをけん引していく。

【関連記事】

関連タグ: