原監督の “苦言” に奮起! 巨人・岡本和が同級生の先発・高橋を救う逆転打

2021年04月01日 20時12分

6回に逆転の2点適時二塁打を放った巨人・岡本和

2てん

 これが巨人の4番だ! 岡本和真内野手(24)が1日の中日戦(バンテリン)に「4番・三塁」で先発出場し、1点を追う6回に逆転の2点適時二塁打を放った。

 この日先発の同級生・高橋を救う殊勲打となった。無死一、二塁と絶好のチャンスで3打席目を迎えると、松葉の139キロのツーシームを力強く捉えて右中間へ。打球は外野の奥深くまで転がり、一走・坂本まで悠々と生還。見事逆転打となった。

 岡本和は「追い込まれていたので最低限、進塁打の意識でコンパクトにいきました。逆転できて良かったです」と喜びのコメント。

 今カード2戦で7打数1安打とバットが湿っていた主砲は、原監督からも「4、5番があれじゃあな」とはっぱをかけられていたが、この日はなんとか期待に応える活躍を見せた。丸からも久々の安打が飛び出すなど、巨人の強力クリーンアップにようやくエンジンがかかってきたようだ。

関連タグ: