ヤクルトのドラ2・山野 初陣7失点大炎上「自分のボールをうまく扱うことができなかった」

2021年04月01日 19時58分

ホロ苦いデビュー登板となったヤクルト・山野

 ベンチで肩を落とした。ヤクルトのドラフト2位ルーキーの山野太一投手(22)が1日のDeNA戦(横浜)にプロ初先発するも1回1/3を被安打5、7失点と大炎上した。

「初登板でいい緊張感でマウンドに上がることができました」と振り返った山野だが「自分のボールをうまく扱うことができなかった」とうなだれた。

 味方打線が初回に先制し、1―2の2回には逆転してもらったが、リードを守り切れず「野手の方に先制点、追加点を取っていただいたのにチームにいい流れをつくることができず申し訳ないです」と悔しそうな表情を見せた。

関連タグ: