ヤクルトが〝佐藤輝シフト〟敷く 高津監督「簡単な打者じゃない」 

2021年03月26日 22時40分

開幕戦を落としてしまったヤクルト・高津監督
開幕戦を落としてしまったヤクルト・高津監督

 ルーキーには負けられない。ヤクルトは26日の阪神との開幕戦(神宮)で阪神のドラフト1位ルーキーの佐藤輝明外野手(22)に対して第1打席から守備シフトを敷いた。

 2回無死一、三塁の場面で遊撃手が二塁ベース後方、二塁手は一、二塁の真ん中を守る右寄りの「佐藤輝シフト」。高津監督は「確率なんでね。そこに飛ぶ確率であったりっていうのはありました」とシフトを説明した。

 ヤクルトは昨年も巨人・岡本和、DeNA・佐野に対し守備シフトを敷いているが、新人に対しては異例。指揮官は「まだオープン戦と合わせて数試合しかやってないですが」と前置きした上で「(佐藤輝は)思い切りがいいですからね。スイングも大きいですし、神宮(球場)で迎えるとちょっと嫌な感じはしますね」と警戒感をあらわにした。

 そして「たくさん対戦していく中いろんなことをやりながら抑えていかないと。そんな簡単な打者じゃないのかなと感じました」と結んだ。

関連タグ: