支配下契約の広島・コルニエル かつて激励を受けた大物とは…

2021年03月23日 21時21分

支配下契約をつかんだコルニエル

 広島は23日、育成選手のロベルト・コルニエル投手(25)と支配下選手契約を結んだと発表した。6年契約で契約金約1090万(10万ドル)、年俸870万円(8万ドル)プラス出来高払い。背番号は98に決定した。

 カープアカデミーの出身の右腕は昨秋のフェニックスリーグでの好投が評価され、一軍キャンプに抜てき。オープン戦でも150キロ超えの直球を武器に防御率2・25の結果を残していた。同日の会見では「アカデミーで発掘していただいて感謝しています。これから恩返しをしていきたい」と語った。

 見事チャンスをものした裏には超大物であるペドロ・マルティネス(元レッドソックスなど)からの金言があったという。自身が15歳のときに母国・ドミニカ共和国で知人を介して対面。そのときに言われた「キャリアの中で苦しい場面がある。そのときでも前を向いて頑張ろう」という言葉が支えとなっていたという。

「セットアッパーとして試合を締めくくる投手になりたい」。これからもマルティネスからの言葉を胸に腕を振るつもりだ。(金額は推定)

関連タグ: