ヤクルト西浦が3号満塁弾「一発で仕留めることができた」

2021年03月19日 17時41分

第3号満塁弾に会心の笑みを浮かべるヤクルト・西浦

 存在感を猛アピールしている。ヤクルトの西浦直亨内野手(29)が19日の楽天とのオープン戦(神宮)に「7番・遊撃」で先発出場した。

 2回一死一塁での第1打席は捕邪飛に倒れたが3回、無死満塁の場面で見せた。楽天先発・涌井の初球の変化球をとらえると打球は左翼スタンドへ。オープン戦第3号は豪快なグランドスラムだ。

 西浦は「チャンスだったので初球から積極的に打つことを心掛けました。甘めの球でしたが、一発で仕留めることができました」と満足げ。遊撃の守備位置はドラフト4位ルーキーの元山などと争っている。開幕まで残り2試合、ポジションを確実なものにできるか。

関連タグ: