パンチパーマの広島・矢野が評価される「もう一つの武器」

2021年03月12日 06時15分

パンチパーマが注目された広島・矢野
パンチパーマが注目された広島・矢野

 広島のドラフト6位・矢野雅哉内野手(22=亜大)の存在感が日に日に増している。キャンプでは度胸満点の一発芸でナインを爆笑の渦に巻き込んだかと思えば、キャンプ後には広島黄金期を支えた山本浩二氏を彷彿とさせるパンチパーマをかけて、先輩ナインの視線をクギ付けとするなど持ち前の明るさと個性で一軍に欠かせない一人となりつつある。

 特に武器となっているのが〝持久力〟だ。新人ならばプロの生活に慣れるまでに身体や精神が疲れバテてしまうこともある。しかし、矢野の場合はどれだけ厳しい練習を課しても最後まで手を抜くことはなく「どんだけつらくても最後の最後まで集中力が途切れない」(河田ヘッド)と高評価を受けているのだ。

 強豪校のなかでも特に厳しい練習で知られる亜大で主将を務め「一つひとつのことが試合につながるということを野球人生で教わってきた。(亜大時代は)一つのメニューに対して緊張感を持ってやっていたので、試合になれば練習よりも楽にできた」と試合本番よりも過酷で緊迫感のある練習に耐え抜いてきたことで、人並外れた持久力が養われたようだ。

「うまくなりたいという思いしかない。一軍で出て活躍したい」と汗を流す矢野。今後も明るいキャラと持久力で開幕一軍を目指す。

関連タグ: