ソフトバンク石川が阪神のドラ1佐藤輝と〝モノノフ対決〟で被弾「すごいな、マジか」

2021年03月05日 20時47分

初回二死、佐藤輝にソロを浴びた石川

 開幕投手に決定しているソフトバンクの石川柊太投手(29)が5日、阪神とのオープン戦(ペイペイ)で今年本拠地初登板。4回2/3を投げ4安打2失点6三振の内容に「やりたいこともそれなりにできたし、その中で課題も出てきた。全体的には良かったと思います」と手応えをつかんだ。

 注目された大物ルーキー・佐藤輝明内野手(21=近大)との〝モノノフ(アイドルグループ・ももいろクローバーZのファン)対決〟では1打席目に直球を逆方向の左翼ホームランテラスに運ばれた。「あの打球が入るなんてすごいな、マジかという感じもあった」。

 ただ、このままでは終わらない。2打席目の対戦では「2打席連続でやられるわけにはいかないというところで(一死三塁と)ピンチの場面でしたし、そこは自分の持っている球種をフルで投げました」。スライダーでバットをへし折り二飛に打ち取り昨季、最多勝と勝率第1位の2冠に輝いた貫禄を見せつけた。

 調整は順調。工藤監督も「一番は本人が手応えがあったというところがあるので。それが一番だと思います」と笑みを浮かべた。

関連タグ: