右足首手術から復活へ 広島・西川が一軍合流「今年は離脱することなく最後まで戦いたい」

2021年03月05日 19時42分

教育リーグのソフトバンク戦に出場した広島・西川

 二軍調整中だった広島・西川龍馬外野手(26)が6日から一軍に合流することが5日、決定した。昨年11月に行った右足首の手術から復活を期す西川はこの日、教育リーグのソフトバンク戦(由宇)に「3番・中堅」で先発出場。「打球もスイングもまだまだ弱い」と言いながらも4回の第3打席で右前打を放つなど4打数1安打だった。
 
 外野守備も抜かりなしだ。4回には増田の左中間方向の打球を走りながらキャッチすると、5回は左翼に回ってポジショニングなどを確認。視察に訪れた佐々岡監督は「今日見てしっかりと動けるというか、脚の状態もいいということなので明日から一軍合流とする」と明言。6日のヤクルトとのオープン戦(マツダ)出場が決まった。
 
 満を持しての昇格となったが「楽しみな選手が多い。しっかりしないとすぐに抜かれる。またしっかりやろうと思った」と二軍生活のなかで若手から刺激を受けてきたという。「しっかり結果を求めてやっていきたい。今年はしっかり試合に出て離脱することなく、最後まで戦いたい」と意気込む西川。並々ならぬ覚悟で赤ヘル打線の中軸を担う。

関連タグ: