“モノノフ対決” ソフトバンク開幕投手の石川が阪神ドラ一の佐藤輝に一発浴びる

2021年03月05日 16時21分

佐藤輝明

 ソフトバンクは5日、ペイペイドームで阪神とのオープン戦に臨んだ。

 先発は開幕投手の石川柊太投手。開幕戦の舞台でもある本拠地で今季初登板に臨む。オーダーは以下の通り。

1番(二)周東

2番(左)中村晃

3番(右)上林

4番(指)長谷川

5番(一)栗原

6番(三)松田

7番(中)柳町

8番(捕)甲斐

9番(遊)川瀬

 阪神の先発は西勇輝。

 試合は初回、阪神のドラ一ルーキー佐藤輝明(21=近大)が、石川の投じた2球目の外角ストレートを左のテラス席に放り込み、阪神が先制している。

 カウント0―1からの外角への2球目を素直にはじき返し、逆方向の左翼席テラスへ着弾。佐藤輝と石川は球界屈指の「ももいろクローバーZ」の大ファン。この一戦は〝モノノフ〟対決として注目を集めていたが、第1ラウンドは佐藤輝の完勝となった。

関連タグ: