ソフトバンクの熱男・松田が打法モデルチェンジ「バッティングの感覚がいい」

2021年03月04日 19時14分

3日のOP戦で新打法を披露した松田

 ソフトバンクの松田宣浩内野手(37)が4日、モデルチェンジへの手応えを口にした。

 キャンプの紅白戦では当たりが出ていなかったが、前日3日の中日とのオープン戦(ペイペイ)では右中間を破る二塁打。快音を響かせた。シンプルにバットが出るように、バットの担ぐ位置を以前の形に変えたことが功を奏した。

「バッティングの感覚がいい。行きつくのがこの時期でよかったです」。実績十分のベテランに工藤監督も調整の心配はしていない。開幕サードでの起用へ「僕の中にもありますし、ヘッドの中にもありますし、そこは変わっていないです」と笑みを浮かべた。

関連タグ: