巨人移籍の広岡が東京ドーム初練習 先輩・岡本からかけられた意外な言葉とは…

2021年03月03日 13時17分

原監督(左)とグータッチを交わした広岡

 あれ、身長伸びた…? ヤクルトから巨人へトレード移籍した広岡大志内野手(23)が3日、東京ドームで初練習を行った。

 真新しい背番号「32」のユニホームに身を包み、やや緊張した表情を浮かべながらグラウンドへ。この日行われるオープン戦初戦・ヤクルト戦の試合開始4時間前から、サインプレーの確認やシートノックなどで汗を流した。初戦から早速古巣相手の戦いということもあってか、気合十分に体を動かしていた。原監督は「今日もベンチに入りますので、ベンチに入るということは(出場の可能性は)あるということでしょう」と明かし、期待の新戦力が即座にデビューする可能性も示唆した。

 広岡は智弁学園時代の1学年上の先輩・岡本和とも再会。偉大な先輩からはあいさつ代わりに意外な言葉も送られた。「身長伸びたなと言われたので。『自分では分からないです』と言いました」と苦笑い。最後には「やっぱり、伝統ある球団なので。ユニホームに負けないように頑張りたいです」と力強い決意も口にした広岡。身長も、そして肝心のプレーも、スケールの大きさを見せつけていく。

関連タグ: