広島・中村奨が隙のない走塁でアピール「足があるほうだと思うので」

2021年02月27日 19時47分

快足を飛ばす中村奨成

 開幕一軍を目指す広島・中村奨成捕手(21)が打撃&走塁でアピールした。27日に行われた巨人との練習試合(那覇)で7回に代打で登場すると畠のフォークを左前に運んで今季の対外試合初安打。「とりあえずホッとしている。一本打ててよかった」と振り返った。

 しかし、バットだけにとどまらず直後には一塁走者として好走塁を見せた。二死一塁となって矢野の打席で2球目のカーブがワンバウンド。この隙を見逃さず二塁を陥れた。その後、羽月の右前打でしっかりと生還。「チームのテーマとして日ごろから取り組んでいること。足があるほうだと思うので隙なく走塁できたらいいのかなと思う」と話していた。

関連タグ: