広島・鈴木誠也が新打法で右へ〝今季1号〟「少しずつ詰めていって自分のものにしていきたい」

2021年02月23日 20時24分

新打法の完成に近づいている広島・鈴木誠(右)

 広島・鈴木誠也外野手(26)が23日に行われた中日との練習試合(北谷)で〝今季1号〟を放った。

「3番・右翼」として先発出場すると、初回に迎えた第1打席で先発・清水の投じた直球を強振。風にも乗った打球はグングン伸びて右翼席へ飛び込んだ。対外試合4打席目にしての一発を主砲は「甘い球を振れたのでよかった」と振り返った。

 あくなき向上心で新境地を切り開こうとしている。昨季は史上4人目となる「5年連続の3割&25発」を達成し球史に名を刻んだが、満足することはない。今キャンプでは昨季までの打ち方を捨て左足を上げ軸足に重心を残し、ポイントを近くする新フォームに挑戦。これまでの本塁打は中堅から左方向への打球が多かったが、この日の一発は右翼方向で取り組みの成果を証明するものとなった。

 新打法で一発を放った鈴木誠は「少しずつ良くはなっていると思う。実戦に入ればいいところと悪いところが出てくるので、少しずつ詰めていって自分のものにしていきたい」と力を込めた。今後も実戦で新打法を磨いていくことになるが、さらなる高みを目指す主砲に首脳陣も目を細めるばかり。朝山打撃コーチは「去年と形を変えてセンター方向にしっかりラインを出していく中で、打撃練習でも逆方向への打球が去年より増えている」と太鼓判を押す。

「もっとレベルアップしていかないといけない。それはキャンプだけでなくシーズンに入ってからもやっていきたい」と言う鈴木誠。さらなる進化でチームをけん引するつもりだ。

関連タグ: