巨人・原監督が無観客のスタンドに手を振った理由は…

2021年02月21日 17時45分

無人のスタンドに手を振る原監督(右)

【目撃】巨人の那覇キャンプでは、打撃練習中の際に「『巨人軍の炭治郎』で話題の炭谷銀仁朗選手です!」など、選手をクスっとさせるようなコメント付きで紹介する場内アナウンスが行われている。

 この日は「ジャイアンツのゴッドファーザー原辰徳監督です!」。そう紹介された原監督は、スタンドを見上げながら四方に手を振り、ファンの声援に応えていた。

 えっ、無観客のハズなのに誰に向かって手を振っているの? と思ったのは、原監督に指導を受けていた小林誠司捕手(31)。一瞬キョトンとした表情を浮かべたものの、すぐに状況を理解したようで、原監督の「エア・ファンサービス」に笑顔を浮かべていました。

 それにしても…。無観客でもファンサービスを忘れない原監督のサービス精神には頭が下がります。

(2月21日、沖縄セルラースタジアム那覇)

関連タグ: