広島・大瀬良 一軍合流初日にプルペン入りで31球「思い出しながらやっていきたい」

2021年02月20日 19時46分

ブルペン入りした大瀬良

 広島・大瀬良大地投手(29)が一軍合流初日となった20日、早速ブルペン入り。佐々岡監督も見守るなか、直球、カーブ、スライダー、カットボール、フォーク、シュートなど31球を投じた。

 昨年9月の右ヒジ手術から二軍調整を経てきた右腕は「気温が暖かいので思っているより体が動いたり、その辺のギャップはあったが、想定内。初日にしてはよかったと思う」と振り返った。

 今後は実戦形式での登板となるが「打者に対してしっかり入っていけるか、実戦から離れているので、そういうところを思い出しながらやっていきたい」と話していた。

関連タグ: