巨人・元木ヘッド 不発続きのヤングGに喝「何とかしようという気持ちが伝わってこない」

2021年02月20日 18時52分

巨人・元木ヘッド
巨人・元木ヘッド

 ヘッドから「喝」だ! 巨人の元木大介ヘッドコーチ(49)が20日、日本ハムとの練習試合(那覇)で貧打に終わった打線にゲキを飛ばした。

 17日の中日戦、18日の広島戦と打線が沈黙を続けただけに「今日こそは」と臨んだ一戦だったが、思いは届かなかった。主力選手の多くが外れた日本ハムを相手に、9回二死まで無安打と、あわや〝ノーノーリレー〟を食らいかけたG打線。石川が古巣相手に意地の適時打を放ち、なんとか屈辱は免れたものの、多くの課題が残った。

 試合後、沈んだ様子で報道陣の前に姿を現した元木コーチ。「何か覇気が感じられない。みんな一生懸命やってるけど、何かやっぱり悔しさを忘れたのかなという気もするし、自分たちで何とかしようという気持ちが伝わってこない」と、厳しい評価を口にした。

「打開策は選手には言ってるけどね。振って結果出すだけって。結果出すために何をするべきか。人より振らないといけない。『自分たちで隠れて振ってるのか』とか、そういうのも必要だと思うし」。軍曹の熱い思いは、果たして実るか――。

関連タグ: