広島・佐々岡監督が〝生き残り〟かける若手にハッパ「ワンチャンスをものにできるか」

2021年02月20日 18時46分

矢野を迎える佐々岡監督(右)
矢野を迎える佐々岡監督(右)

 広島・佐々岡真司監督(53)が若ゴイにハッパをかけた。対外試合3戦目となった20日のヤクルト戦(浦添)からは、これまでの若手主体のメンバーから一転、主力選手が続々と先発出場。菊池涼介内野手(30)が2打数2安打1打点をマークすれば、選手会長の田中広輔内野手(31)も2打数1安打1四球と結果を出し、順調な調整ぶりを見せた。

 主力が実戦に出場することで若手のアピールする機会は減っていく。ただし、若手も負けてはいない。途中出場の羽月隆太郎内野手(20)が2安打を放つとドラフト6位・矢野雅哉内野手(22=亜大)も安打をマーク。指揮官は「主力が出始めると(若手は)ワンチャンスをいかにものにできるかというところ。今日も少ないチャンスの中で羽月にしても矢野にしてもいいアピールをしている。今後もどんどんアピールしてほしい」と呼び掛けていた。

関連タグ: