巨人・原監督が盟友と再会 懐かしの“三遊間”が復活

2021年02月20日 22時10分

手前から日本ハム・小笠原コーチ、原田二軍監督、巨人・原監督

 懐かしい戦友とグラウンドで相まみえた。巨人の原辰徳監督(62)が20日、この日行われた日本ハムとの練習試合(那覇)で、かつて東海大時代に三遊間を組んだ同窓生である、日本ハムの原田豊二軍監督(62)と久々の再会を果たした。
 
 約40年ぶりとなる奇跡に、胸を躍らせた。グラウンドに設置された高台、通称〝原タワー〟に原田二軍監督を招き入れると、思い出話に花を咲かせながら談笑。学生時代に息を合わせた盟友と、プロの舞台で肩を並べた。

 試合後、取材に応じた原監督は「大学時代を思い出すよね。切磋琢磨、同じ目標に向かってね、三遊間も組んだしね、そういう2人がチームは違えど、まだ野球というものに携われているのは同級生も含めて私自身も喜んでいますね」と誇らしげ。“同窓生対決”は原田二軍監督に軍配が上がったが、指揮官にとって感慨深い一日となったようだ。

関連タグ: