巨人・桑田コーチ補佐が沖縄上陸! G投陣は不在期間も「桑田メソッド」継続

2021年02月19日 14時31分

巨人・桑田コーチ補佐

 巨人・桑田真澄投手チーフコーチ補佐(52)が19日に沖縄入りし、20日の第2クールから再びエキスを注入する。

 桑田コーチは球団との契約以前から決まっていた仕事の都合上、13日の宮崎キャンプを最後にチームを離れ、休養日となっていたこの日から再合流。一時的にキャンプ地から姿を消していたが、その期間も投手陣は新たに取り入れられた「桑田メソッド」を継続してきた。

 例えば、桑田コーチから〝強化指定選手〟に指名された次期エース候補の戸郷。ブルペンで予定された球数を投げ終えた後に「いい球がいったら終わろう」と助言された教えを守っている。桑田コーチが不在となっても「ラストいきます」と捕手に伝えてから、自分が納得できるまでさらに3球を投げ込むこともあった。

 エースナンバーの18を背負う菅野も同様だ。桑田コーチは「投げ終わった後のマウンドに答えが〝載って〟いる」と投手の踏みだし幅を入念にチェックしていた。菅野も投球練習後には、左右のスパイクを交互させながら着地した左足までの距離を測る姿が見受けられた。

 もちろん、これらは一端にすぎないが、チームを離れる前には「よく考えて練習しているので、すごく頼もしい」と語っていた桑田コーチ。そのイズムは早くもG投陣に浸透しつつあり、どこまでチーム力アップにつながるのか注目だ。

関連タグ: