広島ドラ1・栗林が1回無失点デビュー「ふわふわしていたが、投げ切れた」

2021年02月17日 17時43分

好投した広島・栗林良吏

 広島のドラフト1位・栗林良吏投手(24=トヨタ自動車)が17日の巨人戦(セルラー)で〝対外試合デビュー〟を果たした。6回に3番手として登場し先頭の秋広をカーブで投ゴロに打ち取ると、続く湯浅には四球を与えて走者を背負う展開となった。

 それでも落ち着きを失うことはなく、吉川尚からスプリットで空振り三振を奪うとスタートを切っていた湯浅を捕手の磯村が刺し三振併殺で締めくくった。最速は149キロを計測し、わずか14球で1回を無失点に抑えたルーキー右腕は「緊張でふわふわしていたが、1イニングを投げ切れてよかった。力んでしまった」と振り返っていた。

関連タグ: