広島ドラ1栗林が緊張のシート打撃デビュー 課題は「決めにいく時の精度」

2021年02月13日 20時17分

栗林良吏

 社会人ナンバーワン右腕がその存在感を見せた。広島のドラフト1位ルーキーの栗林良吏投手(24=トヨタ自動車)が13日、コザしんきんスタジアムでシート打撃に登板した。スコットと交互に投げて計2イニング、打者9人を相手に安打性の打球は1本だった。

 栗林は「緊張はすごくしました」と振り返り「四球は1つ出しましたけど、他の打者にはストライク先行で勝負できたので良かった」と話した。ただ、課題も見つかった。右腕は「決めにいく時の直球やフォークがいいところに行っていない」とし「精度を求めてブルペンでやっていけたら」と前を向いた。

関連タグ: