「見ていて気になるところあった」中日・与田監督の助言で藤嶋のリリース安定

2021年02月13日 01時05分

ブルペンで投げ込む中日・藤嶋

 中日の藤嶋健人投手(22)が12日、与田監督から金言を授かった。

 ブルペンで65球の熱投中、指揮官から「体重移動していく時に、右脚が折れすぎないようにすると、制球が安定するのでは」と身振り手振りでアドバイスを受けた。

 その指摘通り「折れずに平行にしっかり移動していくと、体もぶれずにリリースが安定した」と目からうろこが落ちたという。

 与田監督は「その日、パッと見てパッと言わないようにずっとしている。何日もずっと見ていて気になるところがあった。まずコーチを通して話をして、それでもどうしても気になっているところがあったので直接話をした。本人もその自覚はあったみたい」と打ち明ける。

 指揮官の金言を得た5年目右腕は、あとは結果を残すだけだ。

関連タグ: