広島のルーキーコンビ紅白戦好投! 森浦「全力で腕を振った」大道「寒かったです」

2021年02月12日 19時46分

広島ドラフト2位の森浦(左)と同3位の大道

 仕上がり上々をアピールしている。広島は12日、コザしんきんスタジアムで紅白戦を行った。紅組の2番手でドラフト2位ルーキーの森浦大輔投手(22=天理大)、3番手で同3位の大道温貴投手(22=八戸学院大)が登板した。

 森浦は主力中心の白組の1番・田中広から菊池涼、鈴木誠と勝負した。1回無安打で鈴木誠から空振り三振を奪った。大道も同じく主力の4番のクロン、松山、会沢と相対し、1回をわずか5球、無安打に抑えた。

 2投手とも小雨が降りしきる中での登板だった。森浦は「1イニングでアピールしないといけないので全力で腕を振って投げた」と話し、大道は「寒かったです。(結果は)打ち損じだと思う。圧倒した感じはない」と謙虚に語った。

関連タグ: