広島・鈴木誠 初紅白戦で貫禄2打数1安打「普通にケガなくやれれば」

2021年02月12日 19時35分

紅白戦できっちり快音を響かせた広島・鈴木誠

 開幕へ向けて順調なスタートを切った。広島の鈴木誠也外野手(26)が12日、コザしんきんスタジアムで行われた紅白戦に主力中心の白組の「3番・右翼」で先発出場。今年の初実戦で2打数1安打と主砲としての安定感を見せた。

 初回一死一塁の第1打席で中村祐から左前打。続くクロンの右前打で快足を飛ばして三塁まで到達した。第2打席ではルーキーの森浦と対戦し、空振り三振。鈴木誠は「(チームに)求められているものをしっかりこなせれば」と話した。

 今後は対外試合も始まるが、コイの主砲は「普通にケガなくやれればいいかなと思います」といたって自然体。現在は新しい打撃フォームに挑戦中で「実戦を積んでいかないと(手応えは)わからないので、打席に立てれば立ちたいと思います」と淡々と話した。

関連タグ: