広島の新助っ人・クロン 紅白戦でタイムリー「うまく調整できている」

2021年02月12日 18時38分

初回にいきなりタイムリーを放った広島・クロン

〝初戦〟でさっそく存在感だ。広島は12日、コザしんきんスタジアムで今年初実戦の紅白戦を行った。今年から加入したケビン・クロン内野手(27=ダイヤモンドバックス)は主力中心の白組の「4番・一塁」で先発出場し、2打数1安打1打点だった。

 初回の一死一、二塁で打席が回るとフルカウントから中村祐の6球目を右方向へ。スピンがかかった打球は一塁付近ではねて、右前に転がった。その間に二走の菊池涼が先制のホームを踏んだ。4回の第2打席は左飛だった。

 この結果にクロンは「非常にうまく調整できてるんじゃないかなと思います」と笑顔。現在は「自分の打つべき球を振れるかということに主眼を置いている」とした上で「そういう意味で今日はできたんじゃないかと思います」と話した。

関連タグ: