超大砲リチャードにワクワク加速…ソフトバンク・王会長に「5歳くらい若返った」の声

2021年02月12日 05時15分

リチャード(左)に打撃指導をする王球団会長

 ソフトバンクの王貞治球団会長(80)が元気いっぱいだ。キャンプ初日から精力的にグラウンドを動き回ってきた。所用のため11日で宮崎のキャンプ地をいったん離れたが、再び戻って来る予定という。

 その中で常に視線の先にいたのがリチャード内野手(21)だった。昨季支配下に昇格したばかりで一軍出場ゼロながらパワーは折り紙付き。189センチ、120キロのロマンあふれる巨漢の大砲だ。かねて王会長が熱視線を送ってアドバイスしてきた選手で、開花の雰囲気を漂わせつつあり、今まで以上にワクワクぶりを加速させている。

 年齢を感じさせない王会長のハッスルぶりに関係者から「5歳くらい若返られたんじゃないか」との声も聞こえてくる。「かわいくて仕方がないみたいです。まだリチャードは疲れが出てきたら集中力が途切れてしまったり、言われたことを忘れてしまったりもするんですけどね。とにかく素直で天真らんまんで、ものすごく夢のある選手ですからね。まさにかわいい孫のような感じなのではないでしょうか」(球団関係者)

 世界の王を虜にするリチャードの魅力は主砲・柳田との共通点でもあるという。「それこそ柳田も昔は集中しろという話の中で集中してないと言われたり(笑い)。本当に素直で天真らんまんな性格で、すごい潜在能力の持ち主でしたからね」(チームスタッフ)。その柳田もブレーク前夜から王会長が誰よりも秘めた能力を高く評価し、周囲に育成への取り計らいをしたほど。もちろん、今のスーパースターぶりは言うまでもない。

 第1クールに王会長からアドバイスされた脱力スイングでリチャードは10日のシート打撃で〝第1号アーチ〟をかっ飛ばした。11日も下手投げの高橋礼から中堅フェンス直撃の二塁打をマーク。王会長も〝なんでこんなにかわいいのかよ〟と目尻を下げてえびす顔だ。

関連タグ: