鷹ドラ1の18歳・井上がシートで〝プロ初安打〟 初キャンプにも「そんなに疲労はない」

2021年02月09日 17時20分

シート打撃で左前打を放ったソフトバンク・井上

 ソフトバンクのドラフト1位ルーキー・井上朋也内野手(18=花咲徳栄)が宮崎春季キャンプ(生目の杜運動公園)の9日、幸先よく〝プロ初安打〟を放った。

 井上は若手主体のB組で行われたシート打撃に登場。期待の育成左腕・大関から三遊間を抜く安打で持ち前の打撃センスをアピールした。「半年ぶりの実戦で、投手の球がどういうふうに見えるか分からなかった」と振り返ったが、カウント2―2から変化球にうまく反応。工藤監督も見守る中での打席だったが「意識せず集中できた。最初の打席で打てたのは、結果として一番いい形」と胸を張った。

 プロでの初キャンプにも「そんなに疲労は感じていない。全然大丈夫」と何食わぬ顔で「(周囲の)レベルが高くて刺激を受けている。その中で『一番になりたい』という気持ちがわいてきた」と、どこまでもたくましかった。

関連タグ: