オリックス金子千尋投手 援護なく無安打無得点試合ならず

2014年05月31日 22時11分

 オリックス・金子千尋投手(30)が31日、巨人戦(京セラドーム)に先発し、9回を無安打無得点に抑えたが、打線の援護がなく、9回の攻撃で代打を送られ降板。試合はこのまま延長に入ったため、快挙はならなかった。

 金子は144球を投げ、奪三振11、四球4だった。