巨人・山口オーナーが宮崎キャンプ視察!厳粛な円陣で大爆笑が起きたワケは…

2021年02月06日 11時14分

全体練習前に訓示した巨人・山口オーナー

 巨人・山口寿一オーナー(63)が第2クール初日となった6日、宮崎キャンプの視察に訪れた。

 全体練習前の円陣に加わった山口オーナーは、原監督やこの日から合流した桑田投手チーフコーチ補佐ら首脳陣とナインらを前に「(今年の)秋に大きな喜びをつかみ取るために、1日1日頑張ってほしい」と激励した。

 ただ、通常であれば厳粛なムードに包まれる訓示のシーンだが、この日は様相が一変。なぜか円陣が大きな笑いに包まれたのだ。同オーナーによれば、選手宿舎に届けられた肉の差し入れについて、原監督が宮崎キャンプの〝主将〟岡本にあいさつするように指示。その内容までは明かされなかったが、指揮官は「あいさつできるようになったじゃないか」とやり、ナインから笑いが起きたのだという。

 しかし、これだけでは終わらなかった。さらなる爆笑を生んだのが、投手キャプテンに任命されている桜井だった。山口オーナーは「桜井もあいさつをしてくれたんだけど、そのあいさつが岡本が言ったあいさつと全く同じ内容だったので…」と思い出し笑いするほどだった。

 また、桑田コーチとグラウンドで対面した同オーナーは「いやあ、いいですね。ユニホーム姿、よく似合っているし。ルーキーの平内もこれから見てもらって、桑田コーチがどう評価するかね。私も楽しみです」と期待をふくらませた。この日はあいにくの雨で室内練習場の木の花ドームで午前の練習が行われているが、チームの雰囲気は上々だ。

関連タグ: