阪神ドラ1・佐藤輝 紅白戦3タコデビューに「確率よくしっかり打つのが課題」

2021年02月05日 05時05分

タイミングを崩された阪神・佐藤輝

 初安打ならず…。4日の紅白戦で阪神のドラフト1位・佐藤輝明内野手(21=近大)が白組の「1番・左翼」で実戦デビュー。3度の打席いずれも音なしに終わった。

 初打席は18年のドラフト1位・馬場との対戦で二ゴロに打ち取られると、続く2打席目は2年目の小川に一ゴロ、最後は3年目の斎藤のカーブの前にバットは空を切った。

 結局、3打数無安打と〝初日〟を出せなかった注目のドラ1だったが「確率よくしっかり打てるというようにというのが課題なので。しっかりやっていきたい」と気丈に次戦を見据えていた。

関連タグ: