鷹の大砲候補・リチャード 王会長&小久保ヘッドから熱血指導「どんなことでもアピールする」

2021年02月03日 19時55分

リチャード(右)と話す王貞治球団会長

 ソフトバンク宮崎春季キャンプは3日、第1クール最終日を迎えた。昨季ウエスタンで本塁打と打点の2冠に輝いたリチャード内野手(21)は、王球団会長、小久保ヘッドから熱血指導を受け、その期待の高さをうかがわせた。

 2人から共通してスイングのスピードとキレを意識するよう助言を受けた。今キャンプ、野手は「1日1000スイング」をノルマに課されている。左手にマメができて皮が破れたリチャードも「だいたいで言えば1000は超えている」と必死に食らいついている。「自分は打撃がアピールポイントですが、守備でも出ていかないとレギュラーにはなれない。どんなことでもアピールする」と貪欲だった。

関連タグ: