あの珍発言が思わぬ方向へ…巨人・岡本和に高級メロン150個差し入れ

2021年02月03日 15時35分

ノックを受ける岡本和

 若き主砲に思わぬ吉報だ。宮崎で春季キャンプ中の巨人・岡本和真内野手(24)のもとに、大量の高級メロンが届けられた。

 キッカケは2年前の契約更改だ。年俸などを決める球団との交渉の場で、岡本和は「(東京ドームの選手)サロンに出てるメロンが硬い…。柔らかい、ちゃんと熟したヤツを」と前代未聞の珍要求。立ち会った球団幹部を「何言ってんのかと思ったよ…」とあ然とさせたが、当時の発言が巡り巡って思わぬ〝結果〟に結びついた。

「ヒノン農業」から1個2万5000円もする高級メロン「天使音メロン」が選手宿舎に差し入れられたのだ。その数、実に150個! もちろん、岡本和一人で食べるわけではなく、宿舎のサロンで提供され、巨人ナインがおいしそうにほお張っているという。岡本和もうれしそうにメロンとともに写真に納まり、厳しい練習が続くキャンプの大きな清涼剤となりそうだ。

関連タグ: