危機感たっぷりのソフトバンク・武田に工藤監督がアドバイス「骨で投げろ!」

2021年02月02日 23時50分

27歳のソフトバンク・武田

 復活を目指すソフトバンクの武田翔太投手(27)が2日、今季の逆襲を誓った。

 2015年から2年連続で2桁勝利を挙げた右腕も、以降は故障などもあり苦しんでいる。停滞感について問われると「それしかない」と回答。「年々悪くなっている感じ。衰えたらいかんなと思う」と危機感を口にした。

 この日はブルペンで103球。工藤監督から40分にわたる熱血指導を受けた。「自分に関しては投げにいく感が強い。筋肉で投げずに骨で投げろ、と。いいアドバイスをもらいました」と明かした。

関連タグ: