広島ドラ1・栗林がキャンプ初ブルペン31球 本人反省も佐々岡監督は「さすがだな」

2021年02月01日 20時48分

佐々岡監督(右)に見守られながらブルペンで投球する広島・栗林

 広島のドラフト1位・栗林良吏投手(24=トヨタ自動車)がキャンプ初日となった1日、早速ブルペン入りした。直球のみを31球投げ込んだ右腕は「右打者の外、左打者の内にはある程度投げ切れたが、右打者の内と左打者の外が投げ切れず、シュートしたり弱くなってりするところが多かった。精度を上げて強い球が投げられるようにやっていきたい」と振り返った。

 ただ、初めて間近で投球を見た佐々岡監督は堂々とした投げっぷりを高評価。「まだまだ本調子にはいっていないと思うが、自分で考えながら投げている姿勢も分かるし、さすがだなというボールもあった」と目を細めていた。

関連タグ: