ソフトバンク・柳田 突撃質問の新人に〝ギータ流全開〟対応「ひたすらいろんなバット使え!」

2021年02月01日 20時40分

円陣に参加したソフトバンク・柳田(中)

 ソフトバンク宮崎春季キャンプ初日の1日、両アキレス腱の不調でリハビリ組スタートの主砲・柳田悠岐外野手(32)が、ルーキーからの突撃質問を受けた。フリー打撃を見学していたドラフト2位入団の笹川吉康外野手(18=横浜商)からのアプローチに快く対応。「なんか『バット、どんなのが良いですか』とか聞いてきたんで『ひたすらいろんなバットを使え』と答えました」。ギータらしい分かりやすい回答で、面倒見の良さを垣間見せた。

 ランニングを控えている中で、フリー打撃では一振りごとに声を上げながら元気いっぱいに115スイング。自ら無死満塁などのケースを想定して実戦的に振り込んだ。「しっかりバットを振れましたが、まだまだ。足を気にしているわけじゃないですが、しばらくはこんな感じかなと。納得いく打撃まではもう少し時間がかかる」としながらも「開幕までに100%でいければと思ってるんで。焦らずにいきます」と主砲としての自覚をのぞかせた。

 リハビリ組スタートも心配ご無用とばかりに、鷹党を喜ばせるギータワールドと圧倒的存在感を放っていた。

関連タグ: